節煙になる!?電子タバコのメリットとデメリット


電子タバコには様々なメリットがある

電子タバコのメリットとしてまず挙げられるのは、火を使用しないため安全性が高い、という点でしょう。タバコの消し忘れが原因である火事は、意外と多いといわれています。電子タバコなら消し忘れや、くすぶった炎によって火事が引き起こされる心配がありません。

上手に活用すれば節煙になる

上手に使用すれば、節煙できるのも電子タバコが持つメリットの一つです。紙巻きなど通常のタバコは、一度火をつけたら最後まで吸い切ることになります。2~3回だけ口にしたら満足できる場合であっても、そのまま消してしまうのは勿体ないと感じ、最後まで吸うという方が多いでしょう。電子タバコなら吸いたい回数だけ利用して、やめることができます。

ヤニ汚れが生じにくい

室内で通常のタバコを喫煙していると、ヤニ汚れによって壁が黄ばんでしまうものです。ヤニ汚れの原因はニコチンではなく、タールにあるといわれています。紙を燃やさない電子タバコはタールを生じないため、室内をヤニで汚してしまうリスクがないのです。

電子タバコのデメリットとは

色々とメリットの多い電子タバコですが、デメリットもいくつか存在しています。基本的に充電式となっているため、充電中は使用することができません。頻繁に使用したい場合は、二台以上用意しておく必要があるでしょう。電子タバコは紙巻きタバコより害が少ないというイメージがありますが、ニコチン入りのリキッドを使用していれば、当然ニコチンを摂取することになります。副流煙による影響は少ないとはいえ、周囲に全く害がないとは言い切れないのが実情です。

vapeとは、電子たばこの俗称です。香料などを含んだリキッドを、電熱線の発熱により霧状化します。その疑似的な煙を吸引するものです。

ベイプとは