電子タバコと加熱式タバコの違いを知っていますか?


電子タバコは非喫煙者でも大丈夫

新たな喫煙方法として注目を集めている電子タバコですが、どんなものなのかはっきりと知っている方は少ないのではないのでしょうか?ありがちなのが電子タバコと加熱式タバコを一緒にしてしまうことです。どちらも火を使わずに喫煙するので似てはいるのですが、この二つは別物と思っておいたほうが良いでしょう。電子タバコは味や香りのついたリキッドを加熱し気化した蒸気を吸う目的のものです。基本的にはニコチンフリーなので非喫煙者でも楽しむことが出来ます。対して加熱式タバコはタバコ葉を加熱してニコチンを摂取するのが目的なので喫煙者向けになります。

電子タバコの種類を紹介

電子タバコには大まかなタイプとして、使い捨て式、カートリッジ式、リキッド式の三つがありますが、電子タバコ初心者の方は使い捨て式から始めてみるのが良いでしょう。リキッドが本体に含まれているため、ただ吸うだけで楽しむことが出来ます。味がしなくなったら本体ごと捨てればよいのでメンテナンスの必要もありません。

いろんな味を楽しみたい方はカートリッジ式がおすすめです。いろんな味のカートリッジがあり、それを取り換えるだけでよいので気軽に楽しむことが出来ます。本体部分は何度も使えるので使い捨て式よりもコストがかかりません。

リキッド式は上級者におすすめです。本体のメンテナンスが必要だったりするので何かと手間はかかりますが、使えるリキッドの種類が豊富にあるため味の選択肢は広いです。また、リキッドをブレンドして使用することも出来るので自分だけのオリジナルな味を作ることも出来ます。この作業が楽しいので凝り性の方などは試してみてはいかがでしょう。

電子タバコとは、タバコ葉を使用せずに、液体を加熱することによって発生する蒸気を吸引する製品です。専用のカートリッジで使用します。