電子タバコと普通の煙草の違いは?2つの違いを解説!


電子タバコのメリット

電子タバコが普及するようになって、時間が経ちました。今では購入しやすくなり、煙草から電子タバコへと切り替える方も増えているようです。電子タバコへと切り替える人が増えているのは、煙が出ないことと関係しているようです。電子タバコは煙草の葉を加熱して、この蒸気を吸い込む仕組みになっています。蒸気ですので、煙は出ません。近年健康問題から煙草に対する世間の目は厳しいものがありますが、電子タバコならこの点周りに迷惑をかけることも少ないです。くわえて、電子タバコは自分の健康にとっても良いものです。電子タバコは煙草の葉を燃やさないため、タールが少量しか発生しません。タールは肺に害を与える物質ですので、タールの吸い込まないことは自分の健康にも良い影響をもたらしてくれるかもしれません

電子タバコのデメリット

電子タバコは周囲の人に迷惑をかけませんし、健康にもいいのですが、もちろんデメリットもあります。煙が出ないのは確かによいことです。けれど、喫煙者にとってはこれはデメリットになります。喫煙者ならわかると思いますが、煙草を吸って煙をくゆらしているときは至福の時間です。電子タバコに切り替えると、普通の煙草を吸っている方は少し楽しみが減るかもしれません。それに、タールの量が少ないのもデメリットをもたらします。タールは煙草のフレーバーに影響する物質です。タールの多い少ないで、煙草の味は変わります、コクのある味が好みの方は、タールが少量だと少し物足りなく感じるかもしれません。

vapeとは、ニコチンやタールを含まない電子タバコのことです。加熱式タバコと違ってニコチンを含んでいないので、禁煙効果も期待できます。