日常の手入れとオーバーホールが機械式時計の寿命を延ばすってホント!?


日常の手入れは毎日使うこと

機械式時計はクオーツ時計とは異なり、振り子の振動により時を刻みます。ゼンマイが解ける力を利用しているだけでなく、潤滑油により常に滑らかな動きを続けているわけです。日常の手入れとして柔らかい布で時計本体やベルト部分を拭くことが大切ですが、もっと重要なことは毎日使ってあげることだと知っておくと良いでしょう。なぜなら、何日も使わないでいると自動巻きならば巻かれない状態になるので止まってしまい、潤滑油が固化する原因となるからです。潤滑油は常に振り子と針が動き続けることにより、適切な潤滑を行っているので油切れの症状が早く出てしまう原因となりかねません。手巻きならば、毎日一定数巻いてあげるだけでも良いですが、常に機械式時計は動かし続けると良いわけです。

オーバーホールは3~4年に一度必ず行う

機械式時計を使う上で避けられないこととして、オーバーホール作業を時計職人の手で3~4年に一度行う必要があります。なぜなら、電池を使わずにゼンマイが解ける力で動き続けている機械式時計は、潤滑油が酸化して部品の摩耗による金属片が溜まる期間が3年半程度と考えられるからです。オーバーホールにより、新しい潤滑油を注油されて摩耗部分を修理して全体のバランスを整えれば、また次のオーバーホールまで動き続けることが出来ます。オーバーホール直後は秒針がやや進みがちな設定でバランス調整していますが、オーバーホールが必要な時期になると遅れ気味になります。秒針の日差による変化を見れば、オーバーホール時期の目安を探ることが可能です。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーです。デザインの芸術性と高い技術、そして世界的に名が知られたステータスを持ち、有名人にも広く支持されています。

パテックとは
関連サイト